アトピー性皮膚炎・じんましん・かゆみ・動脈硬化・高血圧

皮膚科・循環器内科の医療サイト

とびひ

とびひは、あせも・虫刺され・湿疹などをひっかいたり、転んでできた傷に細菌感染を起こすことで生じる症状です。

また、こどもさんで鼻を触るくせがあると、鼻の周囲からとびひが始まることもあります。

火事の飛び火のようにあっと言う間に広がるので、とびひと名づけられました。

とびひの症状

かゆみのある水ぶくれができ、それが破れてじくじくとしたきずになります。それがまた周囲に新しい水ぶくれを作り、広がります。

とびひの治療

とびひの治療には、主に抗生物質の飲み薬が用いられます。

症状が強い場合には軟膏も併用して内側と外側の両面から治療を行っていきます。

また、症状のある部分はよく洗い、これ以上広がらないようにガーゼで覆うようにしましょう。