柏駅前内科・皮ふ科|柏駅から徒歩30秒 柏市の内科・循環器内科・皮膚科 アトピー性皮膚炎 じんましん ニキビ かゆみ 動脈硬化 高血圧

柏市末広町の内科・循環器内科・皮膚科 柏駅前内科・皮ふ科

柏駅前内科・皮ふ科の電話番号は04-7143-2200

インターネット時間帯予約はこちらから

多汗症 Hyperhidrosis

多汗症は、手のひら、足の裏、ワキの下などに異常に発汗する病気です。

原因はまだはっきりとわかっていませんが、発汗をうながす神経が人よりも興奮しやすいのではないかといわれています。

また、家族内で同じように多汗症の方がみられることも多いことから、遺伝する可能性があるとも言われています。

治療法

お薬による治療

現在、汗を抑える内服薬や漢方薬が保険適応薬として承認されています。

全身の汗が多い方、手汗・足汗・顔汗などにはこちらが使われます。

副作用としては喉が渇く、尿が出にくくなるなどの症状があります。

また、前立腺肥大症・緑内障のある方は使用できません。

併用薬に注意が必要なものもございますので、詳しくは診察の際にご相談ください。

また、特に腋窩多汗症に関しては、外用薬や注射の治療も行われています。

外用薬は現在2種類あり、エクロックゲルという塗るタイプのお薬と、ラピフォートワイプというシートタイプのお薬があります。

また、注射に関しては、ボツリヌス菌がつくる天然のたんぱく質から精製された薬を直接ワキの下に注射するボトックス注射というものがあります。

外用薬、注射いずれも有効成分が皮膚から吸収されることで交感神経から汗腺への刺激の伝達をブロックし、発汗を抑えます。

外用薬はいずれも使用している間は効果があり、塗るのをやめると徐々に発汗が回復していきます。

また、ボトックス注射に関しては個人差もありますが、注射後4~9か月は効果が持続するといわれています。

完治を目指す治療ではありませんので、症状がふたたびあらわれたときには、あらためて治療を行う必要があります。

制汗剤の使用

現在局所の外用薬で手汗・足汗に使用できる保険適応薬はありませんので、当院では以下のような制汗剤の販売を行っております。

 

D-Bar(スティックタイプ) 1,650円(税込)
D-Cream(クリームタイプ) 1,980円(税込)
皮膚科
乾燥肌
アトピー性皮膚炎
帯状疱疹
ヘルペス
うおのめ・たこ
しもやけ
じんましん
アレルギー
ニキビ
とびひ
水虫
あせも
ウイルス性いぼ
小児アトピー性皮膚炎
みずぼうそう
おむつかぶれ
乳児湿疹
虫さされ
いぼ
多汗症
円形脱毛症
男性型脱毛症(AGA)
しみ・美白治療
小じわや毛穴
ピアスの穴開け
肌質改善
白玉注射
Qスイッチルビーレーザー
内科
熱中症
高血圧
脂質異常症
生活習慣病
肥満症
動脈硬化
血管年齢検査
不整脈
高尿酸血症(痛風)
むくみ
不眠症
頭痛
立ちくらみ
禁煙外来
糖尿病
胃腸炎
肺炎
膀胱炎
花粉症

このページの先頭へ戻る