柏駅前内科・皮ふ科|柏駅から徒歩30秒 柏市の内科・循環器内科・皮膚科 アトピー性皮膚炎 じんましん ニキビ かゆみ 動脈硬化 高血圧

柏市末広町の内科・循環器内科・皮膚科 柏駅前内科・皮ふ科

柏駅前内科・皮ふ科の電話番号は04-7143-2200

インターネット順番受付はこちらから

シミについてSpot

シミと一口で言っても、様々な種類があり、それぞれによって治療法が変わってきます。

老人性色素斑 

日光や、年齢が原因のシミです。
円形でうす茶色っぽく、境界がはっきりしているのが特徴です。

治療

スキンケア

当院では、「白いだけでない、美しい肌」をコンセプトとしたドクターズコスメ「NAVISION DR」を取り扱っております。

また、紫外線対策として日焼け止めを塗るというのも有効です。

ハイドロキノンの外用

ハイドロキノンには、メラニン産生を阻害する作用があります。

当院では、ハイドロキノンを4%含有した高濃度タイプのハイドロキノンを取り扱っております。また、抗酸化作用をもつフラーレンも配合しておりますので、お肌の抗酸化作用もあり、さらに美肌に効果的です。

ビタミンA誘導体の外用

ビタミンA誘導体には、角質を剥がし表皮の細胞分裂を促して、メラニンを排出する効果があります。

当院ではトレチノインオイルジェル、NAVISION DRのレチノファーストレチノアドバンスの取り扱いがあります。

トレチノインオイルジェルは効果が高い分、皮剥けなどの副作用が出る場合があります。

レチノファースト・レチノアドバンスはトレチノインよりも副作用が少ないタイプのビタミンA誘導体です。また、トラネキサム酸も含有しているのでダブルで美白効果が期待できます。

BBL(光治療)

当院ではサイトン社のBBLという機械を用いて治療を行っております。

BBL(光治療)とは、加齢や紫外線ダメージによって変化した肌を、様々な波長の光を選択的に用いて改善する革新的な治療です。

しみ、ソバカス、くすみ、毛細血管拡張症、赤ら顔などの肌の色むら、毛穴の開き、ツヤやハリの衰えなどを改善することができます。

患者様の肌のタイプとご要望に合わせた治療ができるのが、BBL光治療の特徴です。

肝斑

両頬やおでこなど、すぐ下に骨があるような場所にある境界がはっきりしないようなシミです。

摩擦などの刺激や、紫外線、女性ホルモンなどが関与するといわれています。

治療

スキンケア

摩擦がひとつの原因と言われていますので、徹底してこすらないようにしていただくと、それだけでもよくなってくる方はいらっしゃいます。

また、紫外線も悪化の一因となりますので、日焼け止めを塗る、日傘や帽子を使用するなどの対策も効果的です。

内服治療

ビタミンCやトラネキサム酸の内服が有効です。当院でも処方しております。

トラネキサム酸は、ピルを飲んでいたり、喫煙される方は内服しない方がよいとわれています。

また、内服はちょっと・・という方に、トラネキサム酸の外用クリームを取り扱っております。

ハイドロキノンの外用

ハイドロキノンには、メラニン産生を阻害する作用があります。

当院では、ハイドロキノンを4%含有した高濃度タイプのハイドロキノンを取り扱っております。また、抗酸化作用をもつフラーレンも配合しておりますので、お肌の抗酸化作用もあり、さらに美肌に効果的です。

ピーリング、イオン導入

ピーリングとは、皮膚の表面に薬剤を塗ることで古い角質や毛穴に詰まっている角栓・老廃物などを溶かして除去する治療法です。

古い角質を取り除くことで皮膚のターンオーバーを改善する効果があるため、シミを排出する効果もあり、美白・美肌の効果も期待できると言われています。

また、イオン導入は、微弱な電流を流すことで、通常ならば皮膚の表面にとどまってしまう有効成分を、イオン化し、電気の力を利用して肌の奥にまで浸透させていきます。

ピーリングで古い角質を取り除いてからイオン導入を行うと成分の浸透が高まりますので、2つを組み合わせて行うとより効果的です。

ケミカルピーリングについてはこちらをご覧ください

皮膚科
乾燥肌
アトピー性皮膚炎
帯状疱疹
ヘルペス
うおのめ・たこ
しもやけ
じんましん
アレルギー
ニキビ
とびひ
水虫
あせも
ウイルス性いぼ
水いぼ
小児アトピー性皮膚炎
みずぼうそう
おむつかぶれ
乳児湿疹
虫さされ
いぼ
ほくろ
粉瘤
多汗症
男性型脱毛症(AGA)
しみ・美白治療
小じわや毛穴
ピアスの穴開け
肌質改善
内科
熱中症
高血圧
脂質異常症
生活習慣病
肥満症
動脈硬化
血管年齢検査
不整脈
高尿酸血症(痛風)
むくみ
不眠症
頭痛
立ちくらみ
禁煙外来
糖尿病
胃腸炎
肺炎
膀胱炎
花粉症
アレルギー
円形脱毛症

このページの先頭へ戻る