柏駅前内科・皮ふ科|柏駅から徒歩30秒 柏市の内科・循環器内科・皮膚科 アトピー性皮膚炎 じんましん ニキビ かゆみ 動脈硬化 高血圧

柏市末広町の内科・循環器内科・皮膚科 柏駅前内科・皮ふ科

柏駅前内科・皮ふ科の電話番号は04-7143-2200

インターネット順番受付はこちらから

不眠症 Insomnia

不眠症は国民病!?

不眠症とは、睡眠の問題が1ヶ月以上続き、日中にだるさ、意欲低下、集中力低下、食欲低下などの不調が出現する病気です。

現在では、60歳以上の日本人の3人に1人が不眠症に悩んでいると言われています。

不眠症にはいくつか型があります

  • 寝付きが悪い入眠障害
  • 途中起きてしまう中途覚醒
  • 予定より早く起きてしまう早朝覚醒
  • ぐっすり眠れた感じが得られない熟眠障害
  • などがあります。

睡眠時間にこだわらない

睡眠時間には個人差があります。また個人においても、ライフステージ・年齢によって必要とする睡眠時間は大きく異なります。

ですので、「若い頃はもっと眠れたのに」とこだわる必要は全くありません。

ただし、日中に不調が生じる場合は、生活習慣の見直しや、内服薬による治療の介入が必要になります。

今日からできる不眠症対策

①就寝と起床時間を一定にする

睡眠覚醒は体内時計で調節されています。

休日でも同じ時間に起きたり、週末の夜更かしはさけましょう。昼寝のしすぎは体内時計を乱すので注意が必要です。

②睡眠時間にこだわらない

以前はもっと眠れたから、○時間は眠りたい!と考えずに、眠れない時は、思い切って布団からでましょう。

寝床にいる時間が長いと熟眠感が減ってしまいます。

③太陽の光を浴びる

これも体内時計を調節する為の方法です。

朝の内に太陽を浴びることで体内時計が朝にリセットされ、夜の寝付きが良くなります。

④適度な運動を行う

ほどよい肉体疲労は心地よい眠りにつながります。

疲れていないとなかなか眠れないものです。適度な運動の後には、副交感神経というリラックス神経が活性化され、寝付きがよくなります。

睡眠薬は怖い薬ではありません

睡眠薬は一度使うと手放せなくなる。
次第に量が多くなりそうで怖い。

そう考えている方もいらっしゃいますが、そんな事はありません。

かつて使用されていた睡眠薬は作用が強力な反面、副作用が強く安全面に問題がありましたが、現在使用されている睡眠薬の多くは副作用も少なく、自然に近い眠りが得られます。

医師の指導の元に適切に使用する事が大切です。

不眠症でお悩みの方は一度ご相談ください。

皮膚科
乾燥肌
アトピー性皮膚炎
帯状疱疹
ヘルペス
うおのめ・たこ
しもやけ
じんましん
アレルギー
ニキビ
とびひ
水虫
あせも
ウイルス性いぼ
水いぼ
小児アトピー性皮膚炎
みずぼうそう
おむつかぶれ
乳児湿疹
虫さされ
いぼ
ほくろ
粉瘤
多汗症
男性型脱毛症(AGA)
しみ・美白治療
小じわや毛穴
ピアスの穴開け
肌質改善
内科
熱中症
高血圧
脂質異常症
生活習慣病
肥満症
動脈硬化
血管年齢検査
不整脈
高尿酸血症(痛風)
むくみ
不眠症
頭痛
立ちくらみ
禁煙外来
糖尿病
胃腸炎
肺炎
膀胱炎
花粉症
アレルギー
円形脱毛症

このページの先頭へ戻る