アトピー性皮膚炎・じんましん・かゆみ・動脈硬化・高血圧

皮膚科・循環器内科の医療サイト

じんましん

じんましんは、強いかゆみとともに、皮膚が虫に刺されたように赤く腫れる症状を指します。

原因の特定が難しい症状ですが、症状が現れる要因がわかれば、その除去・回避を行います。

じんましんが起きる原因

じんましんはアレルギー物質や物理的な刺激が原因になっていますが、それらのうちどれが原因になっているかは人によって様々です。

治療法

じんましんの一般的な治療法は抗ヒスタミン剤を内服が中心となります。

抗ヒスタミン薬はじんましんの原因物質であるヒスタミンを出しにくくし、出てきたヒスタミンも血管に行き届かないように抑止する薬です。外用薬を一緒に使うこともあります。

症状が強い場合には、抗ヒスタミン剤の内服に加え、注射などを行うこともあります。